紫の胡蝶蘭の花言葉は何?スピリチュアル的な意味

少し高級なお花屋さんやデパートに入っているお店に行くと、紫色の胡蝶蘭を目にすることがあります。

胡蝶蘭といえば白かピンクが王道ですが、紫色の胡蝶蘭は神秘的で目を引きます。

紫色が好きな人も多く、プレゼントしたいケースもあるでしょう。

そこで、プレゼントをする前に紫色の胡蝶蘭の花言葉を調べておきたい人のために、紫のスピリチュアル的な意味も含め詳しく紹介したいと思います。

紫の胡蝶蘭の花言葉は無い

まず、最初に結論からいうと紫色の胡蝶蘭には花言葉がありません。存在していないのです。

紫色の胡蝶蘭を贈る際は、“紫色が持つカラーイメージ”を花言葉に置き換える必要があります。

ところでなぜ紫色の胡蝶蘭には花言葉が無いのかというと、紫色の胡蝶蘭は自然界には無く、ここ数年で出てきた新しいものだからです。

また紫色の胡蝶蘭を作れる生産者も極少数のため、流通量も少ないことから希少価値が高く通常の白い胡蝶蘭と比較して値段も高価になっています。

紫の胡蝶蘭には2種類ある

実は紫色の胡蝶蘭には以下の2種類があります。

それぞれについて詳しく紹介します。

  • 紫に近い濃いピンク
  • パープルエレガンス

紫に近い濃いピンク

“紫色”に見える色として濃いピンク色があります。

赤紫色です。

胡蝶蘭の生産現場では赤紫色の胡蝶蘭は“紫色”ではなく“ピンク色”と表現します。

パープルエレガンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランダ(@randa.flowerboutique)がシェアした投稿


愛知県豊橋市にある松浦園芸が作っている「パープルエレガンス」は染色胡蝶蘭です。

染色胡蝶蘭とは白い胡蝶蘭に紫色の染料を吸収させて作る特殊な胡蝶蘭です。

その具体的な方法は特許によって守られており、企業秘密のため一般的に知られていません。

パープルエレガンスは先程紹介した赤紫色と違い、いわゆる“ラベンダー色”、“藤色”と表現される薄紫色です。

花言葉のところでも触れましたが自然界には薄紫色の胡蝶蘭は存在していません。

紫色が持つカラーイメージ

抽象的イメージ

  • 高貴
  • 高級
  • 上品
  • 優雅
  • 神秘
  • 神聖
  • 崇高
  • 感性
  • 知的
  • 癒し
  • 魅力
  • 魔力
  • 不安定
  • 二面性
  • 中性的
  • 孤独
  • 古風

物体的イメージ

  • ぶどう
  • ナス
  • 菖蒲
  • 江戸
  • 頭巾
  • 袱紗
  • 着物
  • スミレ
  • 醤油

紫色の心理効果

紫色は精神的にリラックスできる色の側面があるため、緊張や不安を解く色と言われています。

また赤やオレンジなどの動的な色ではなく青と同じく静的なイメージを与えます。

そのような要素を持つことから「神秘的」「スピリチュアル」「ヒーリング効果」など癒しに関わるイメージを多く持っています。

紫色を好む人の性格イメージ

あくまで紫色から派生するイメージを元に作られた性格のイメージです。

  • ミステリアス
  • 美意識が高い
  • 精神性が高い
  • 風変わりな
  • 芸術性がある
  • クリエイター気質

紫色の胡蝶蘭が向いている贈答シーン

パープルエレガンスを生産している松浦園芸さんによると、

  • 開店
  • 開業
  • 就任
  • 昇進
  • 当選
  • 受賞
  • 還暦
  • 敬老
  • 母の日
  • 新築
  • 快気祝い
  • お誕生日

が向ていると記載されています。

ただ、紫色のカラーイメージは動的よりも静的なイメージがあるため、派手さを好む人や派手なシーンは注意が必要です。

なぜかというと紫色というのはお祝いにも使われますが仏事でも使われる色のため、人によっては「寂しい」「お葬式を連想させる」と感じるからです。

紫色が元で起こるお花屋さんでよくあるクレームの1つなので、プレゼントする際は相手に確認してから贈るぐらい慎重な方が良いです。

紫色の胡蝶蘭が買える通販ショップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランダ(@randa.flowerboutique)がシェアした投稿

紫色には赤紫色~青紫色まで幅が広いです。

パープルエレガンスが購入できる通販ショップは>>こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です